• ホーム
  • 赤身魚で蕁麻疹や嘔吐、アレルギーじゃなくてヒスタミン食中毒かも

赤身魚で蕁麻疹や嘔吐、アレルギーじゃなくてヒスタミン食中毒かも

飛行機でせきが出ている女性

サバのような赤身魚を食べたところ、蕁麻疹や嘔吐が起こることがあります。確かにサバアレルギーを発症したら、こういう症状が起こることも確かにありますが、赤身魚を食べたら何でもかんでもアレルギーが起こるというわけでは有りません。実は、アレルギー反応ではなく、魚の中に含まれているヒスタミンが原因となって起こるアレルギー様食中毒に該当することもあります。

サバのような赤身魚の場合は食物アレルギーによる症状なのか、アレルギー様食中毒なのかどうかというのは違いがあります。食物アレルギーの場合は魚の中に含まれているアレルゲンと呼ばれるたんぱく質が原因となって抗体が作られ、それが増えてしまうとヒスタミンが体内に大量に分泌されて、頭痛や嘔吐、蕁麻疹などを発症するということです。この場合は、誰しもかかるというわけでは無く、魚のタンパク質に抗体を持っているのであれば、かかる可能性があるということです。魚のタンパク質に対してアレルギーを引き起こすのであれば、これから同じものを食べたとしても同じような症状になり可能性があります。

それに対して、アレルギー様食中毒の場合は、魚の筋肉に含まれているヒスチジンというばれるアミノ酸が細菌の働きにより、ヒスタミンに変換することで食中毒が起こります。常温で保存をすることによって最近の働きが活発になり、どんどんヒスタミンが増殖しますので、そういう魚を食べてしまうことにより、アレルギー反応と同じような症状を引き起こします。具体的な症状としては、頭痛や嘔吐、じんましんなどになり、それほど見分けがつくわけでは有りません。アレルギー様食中毒は、特定の人しかかからないものではなく、特定の体質に関わらずどんな人でもかかる可能性があります。ヒスタミンが貯まった魚を食べた場合は、食後から1時間後以内に発症することになりますが、命の危険に陥る可能性は低いです。

食中毒を引き起こす赤身魚というのはどういうものかというと、マグロやカジキ、イワシ、カツオ、サバ、ブリ、サンマなどになります。こういう魚というのは、ヒスタミンを生み出すヒスチジンの量がそもそも多いということです。しかし、ヒスチジンが多くても、ヒスタミンに変換する菌が含まれていないと発症することはありません。元々魚にそういう菌が含まれているということは無く、水揚げ後に何らかの形で魚に傷がつきますので、その傷に菌が含まれてしまうという可能性があるということです。水揚げの状態での衛生管理によってアレルギー様食中毒がかかるかどうかというのが決まっています。

食中毒になることを防ぐのであれば、加熱処理をすることによって防げることが多いですが、ヒスタミンは加熱によって破壊することができません。30度から35度前後の常温で保存するということは止めて、すぐに冷凍するのが望ましいです。冷凍保存をするように心掛けるということです。ヒスタミンを増殖するための菌は、魚の内臓やエラなどに多く含まれていますので、これらの部位は必ず取ってから食べるようにしてください。流通段階でアレルギー様食中毒がかかる可能性があったとしても、それを見分けるのは限りなく難しいので、口に付けた段階で違和感を感じたのであれば、絶対に食べないようにするべきです。

今では冷蔵技術が発達しているにもかかわらず、未だにアレルギー様食中毒にかかる人もいますので、食物アレルギーとの違いに気を付けて、とてもひどい状態になったのならば病院にかかるようにしてください。食べ物の種類や部位と症状などについて伝えることによって、アレルギー様食中毒かどうか判別することができますので、医師に対してきちんと必要な情報を伝えます。