• ホーム
  • 花粉症になったときの体内の動き

花粉症になったときの体内の動き

マスクをかける女性

花粉症とは花粉が原因となって起こるアレルギー反応のことを示します。代表的な症状として、鼻水や鼻づまり、目のかゆみなどがあります。こういう症状というのは、抗原抗体反応によって起こるということです。花粉に対する抗体があるのならば、いつ発症してもおかしくないということは言えます。許容範囲を超えた時には、突然発症するということも十分にあり得るということです。一度発症したら根治することが難しい病気になりますので、飛散するシーズンになればそれなりに備えておかなければいけないです。

人間の体には異物が入ってくるとそれを排除するための免疫システムが存在します。花粉などの抗原が体内に入ると、それを排除するためにigEという抗体を作って対応しようとします。一度作られた抗体はずっとそこに留まり続け、抗原が入って来たらigEがそれを排除するために行動をするということです。igEはそこにある肥満細胞と強く結合しますので、igEの増加とともに肥満細胞も比例する形で増加します。最終的に花粉が肥満細胞と反応することによって、ヒスタミンを大量に放出することになりますので、それによってアレルギーが発症するということです。

放出されたヒスタミンが鼻の神経や血管に結びつくことによって、アレルギー性鼻炎のような症状が発症します。具体的にはくしゃみや鼻水が出るということです。目の神経や血管に結びつくことによって、目のかゆみなどが発症します。こういう症状が起こるのは、異物を取り除くための防衛反応ではありますが、それが過剰防衛することによって花粉症という形で目や鼻などの影響を与えています。こういう症状が起こるようになると、ストレスを生じたり、集中力が低下したりするなど、生活を送るに当たり大きな影響を受けることになるでしょう。

今となっては花粉症は国民病と言われるほどに、日本人の中で4人に1人の割合でかかる人が多くなっています。根本的に量が多くなっているということが言えますが、それだけではありません。都市部において仮に花粉が落ちたとしても、アスファルトなどで覆われている為に、地面に落ちても風で舞い散ることになります。舞い散ったところには、自動車などの排気ガスまみれになっていますので、そういうものがついたものが体内に入ると、アレルゲンとして働くことになるということです。生活習慣の変化も大きく、肉類を多く食べるようになりましたので、少しのことでも抗体ができやすく、そういうアレルギーを発症する可能性が高まっています。

アレルギー反応が起こりやすい世の中になっていますので、それに対処するための抗ヒスタミン薬というものがいろいろと販売されています。抗ヒスタミン薬とは、ヒスタミンの分泌を抑えることで、アレルギー症状を抑えたものです。飛散する前にこういう薬でしっかりと対処することによって、アレルギー反応を抑えることができます。ただし、選んだ抗ヒスタミン薬によっては、効果が高いけれども副作用が強く出るものもありますので、注意して選択してください。抗ヒスタミン薬の副作用として挙げられるのが、眠気の強さと口の渇き、集中力などの低下などがあります。

花粉症の抗ヒスタミン薬で人気があるのがアレグラです。アレグラは第二世代抗ヒスタミン薬に該当し、朝と夕の1日2回服用することによって、効果が合計24時間続くというのが大きなところです。しっかりとアレルギー症状を抑えることができるだけでなく、脳に入りにくいという特徴があるために眠気が出にくいというところがあります。抗ヒスタミン薬にありがちな副作用が起こりにくいところがポイントになります。